たまこさんのコンパス

右?左? 迷える誰か(?)の役に立つ情報発信していきます

トラベル

カンクンで大人リゾート 〜オールインクルーシブがおすすめ

カンクンはメキシコのユカタン半島にあるアメリカ人御用達リゾート。 ダウンタウンから車で10分ほどのリーフ沿いにリゾートホテルがこれでもかというぐらい並んでいます。 こんな感じの面白い地形です。いつか侵食されてなくなるんじゃないかと心配してしま…

海外旅行でスマホをできるだけ安く使いたい! 〜楽天モバイルの海外simカードを使ってみた

今やスマートフォン(スマホ)は生活に欠かせない存在。特に海外旅行に行った時は、道もお店もわからないので、スマホが使えると旅の幅が広がりますし、何より安心感が違います。 こんな路地裏に入ってしまっても、 スマホの地図アプリがあれば「今どこ??…

大感動モニュメントバレーの旅 Vol.7 〜グランドキャニオンからラスベガスへ

モニュメントバレーからラスベガスへは、往路とは別の道を通り、グランドキャニオンに立ち寄りました。モニュメントバレーからグランドキャニオンまでは4時間ぐらいで着きます。 グランドキャニオンも4千万年ぐらいかけて侵食されて今のような渓谷になったと…

大感動モニュメントバレーの旅 Vol.6 〜バレーロードとフォレスト・ガンプポイント

モニュメントバレーは隆起した約2億7千万年前の地層が、約5千万年ぐらいかけて雨風にさらされ風化し、今のような形になったと言われています。 5千万年っていったい・・・。なかなか普段はお目にかからない年数ですよね。ちょっと調べると5千万年前は始新世…

大感動モニュメントバレーの旅 Vol.5 〜ただ、ただ美しい朝日、夕暮れ、星空

モニュメントバレーはどの時間に見ても、そのスケール感に圧倒されますが、朝と夕暮時はそこになんとも言えない美しさが加わります。 キャビンからモニュメントバレーを見る方角が東になりますので、モニュメントバレーから昇る朝日を見ることができます。 …

大感動モニュメントバレーの旅 Vol.4 〜絶対泊まりたいキャビン

モニュメントバレーに行く途中の絶景ポイントとしてホースシューベンドとアンテロープキャニオンを前回ご紹介しましたが、この2か所に立ち寄ると結構いい時間になります。 朝6時前にラスベガスを出て、モニュメントバレーに一番近い町カイエンタに着く頃には…

大感動モニュメントバレーの旅 Vol.3 〜絶対立ち寄るべき絶景スポット

ラスベガスからモニュメントバレーまで、グランドキャニオンの上を通るルートを選んだ場合、絶対に立ち寄ったほうがいいのが、ホースシューベンド(Horseshoe Bend)とアンテロープキャニオン(Antelope Canyon)。 この2か所はモニュメントバレーまで行く道中の…

大感動モニュメントバレーの旅 Vol.1 〜プランニング編

飛行機の機内誌やカード会社から送られてくる情報誌にはよく、素晴らしい写真とともに旅のエッセイが載っていたりしますが、そのどちらかで、アメリカのナバホ族のテリトリーにあるというマーブル模様の砂岩層の写真を見て以来ずっと行ってみたいと思ってい…

USJで待ち時間なし! 〜Yahoo! Japanスペシャル・ナイトに行ってみた

アトラクションの待ち時間がどんどん長くなるユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)。 大阪に住んでいる時は年間パスを持っていたので(USJの年間パスはディズニーランドやシーに比べるとものすごく安いんです)夕方から行ってアトラクション一つだけ乗っ…

がっかりしないマーライオンに会いに行こう 〜シンガポール2泊3日旅 

「世界三大がっかり名所」という不名誉な称号をもらっているのは、デンマークの人魚姫、ベルギーの小便小僧、そしてシンガポールのマーライオン。 今から約17年前に初めてシンガポールのマーライオンを見た時は、「えっ、これ?」と思わず当時シンガポールに…

スノーモンキーに会いに行こう 〜信州1日2日旅

スノーモンキーってご存知ですか。 おそらく認知度は、日本人よりも日本を訪れる外国人旅行者の方が高いかもしれません。 要はニホンザル(Japanese Monkey)なのですが、1970年にアメリカの写真誌LIFEが「Snow Monkeys of Japan」というタイトルで、日…

一生に一度は登りたい富士山 〜はとバス富士登山ツアー本編

私が参加したはとバスの富士登山ツアーは、1泊2日、富士スバルライン5合目から吉田ルートで登り、8合目の山小屋で仮眠、ご来光を山頂で見るという超定番コースです。ツアーの詳細ははとバスのサイトをご参照ください。 富士登山ツアー2017 | はとバス このツ…

一生に一度は登りたい富士山 〜持ち物・行動食編

富士山に必要な装備・服装はこちらのブログをご参照いただくとして・・・ tamakosan.hatenadiary.com 今回は登山装備以外の持ち物と持参する行動食・飲み物について、詳しくご紹介。装備・服装と同じく、登った後の実感も踏まえ、次の基準で★付けしてます。 …

一生に一度は登りたい富士山 〜装備・服装編

富士山に登ると決めたら、高山病や低体温症にならずに無事に登頂を成功させるためにしっかりと準備をすることが大切です。 私が登った時にもいました、Tシャツ、短パン、スニーカーという普段着にペットボトル1本を持って登ろうとする人たちが。そして案の定…

一生に一度は登りたい富士山 〜プランニング編

屋久島と同じく、「一生に一度は」と思うのが富士山。 でも一般人が入山できる期間は約2ヶ月ほどと非常に短く、気がついたら登山シーズンが終わっていたという人も多いのでは。富士山は関東や関西からだと通常の週末2日間で行って帰って来れるため、逆にいつ…

一生に一度は行きたい屋久島の旅 ~おまけ編

屋久島の縄文杉トレッキングと白谷雲水峡のトレッキングはとても素晴らしかったのですが、高齢の方や小さなお子さんを連れていると少し難しいなと思いました。 その点、ヤクスギランドは誰でも気軽に屋久島の自然を楽しめるスポットです。コースが4つ設定さ…

一生に一度は行きたい屋久島の旅 ~縄文杉トレッキング編

屋久島は言わずと知れた世界自然遺産。世界遺産の中には「世界遺産ってほどでは・・・」とがっかりするものもありますが、屋久島は本当に世界に誇れる世界遺産だと思います。 その世界遺産屋久島で一番有名なのはやはり樹齢7,200年とも言われる縄文杉。 でも…

一生に一度は行きたい屋久島の旅 ~プランニング編

新年、今年はどこに行こうかと考えを巡らせるのも楽しいもの。 まだ行ったことがないならぜひ旅先候補リストに入れて欲しいのが屋久島。一生に一度は行きたい特別な場所の一つだと思います。 特に *毎日の生活にちょっと疲れちゃっている人 *少し冒険がし…

バルセロナ一人旅 Vol.16 ~パリで1泊が女子におススメ 後編

私がパリを訪れるのは今回3回目。観光は一通りしているので、今回滞在24時間でしたかったことはおいしいパンを食べることとパリのスーパーで売っている食材を買うこと。 パリに行ったら絶対にパンを食べるべし! パリで食べるパンは本当においしい。おそらく…

バルセロナ一人旅 Vol.15 ~パリで1泊が女子におススメ 前編

先にも書きましたが、バルセロナへの直行便が日本から飛んでいないため、必ずどこかを経由する必要があります。私はJALのマイレージを貯めているので、JALでバルセロナ行きのフライトを探したところ、ロンドン(イギリス)、パリ(フランス)、ヘルシンキ(…

バルセロナ一人旅 Vol.14 ~ショッピングと空港での免税手続

今回のバルセロナ旅行は、観光メインで、お買い物をするつもりはなかったのですが、やはりスペインに来たからにはスペイン発のショップはちょっとチェックしておきたいのが女心。そしてお店に入るとついつい買ってしまうのが女心と海外旅行 笑。 ということ…

バルセロナ一人旅 Vol.13 ~最終日に半日あるならゴシック地区がおススメ

帰国日のフライトが午後なら午前中いっぱいバルセロナを楽しまなきゃ損。 「最終日は半日ショッピング」と考えられている方も多いと思いますが、ショッピングは買うか買わないか迷ったり、お目当ての品がなかったりと不確定要素が多く、意外と時間が読めずバ…

バルセロナ一人旅 Vol.12 ~エンサイマーダとチュロスを食べてみた

スペインで食べたいものを聞くと普通パエリアとか、ハモン・セラーノ・イベリコとか、アヒージョなんかが挙がると思いますが、私は絶対にエンサイマーダが食べたいと思っていました。 エンサイマーダとはスペインのマヨルカ島の名物で、丸く渦巻き状になって…

バルセロナ一人旅 Vol.11 ~ボケリア(サン・ジュセップ)市場で食い倒れ

ランブラス通りにあるボケリア市場は場所柄、市場というより観光地。 来場者のほとんどが観光客でお店も観光客向けのお店が多いので、ローカルな雰囲気を期待して行くとがっかりしますが、始めから観光地と思って行くとかなり楽しめます。 市場の入口両側に…

バルセロナ一人旅 Vol.9 ~外から見るだけカサ・ミラとカサ・バトリョ

グエル公園からカタルーニャ広場まで歩くと40分ほど。 40分って少し長い気がするかもしれませんが、道中に楽しみ満載のため、まったく苦になりませんでした。 地下鉄レセップ駅からグラシア通りをひたすら下っていくのですが、普通のアパートもなにかとおし…

バルセロナ一人旅 Vol.8 〜グエル公園で朝食を おまけ編 

グエル公園の有料ゾーンから出て、南西方向に坂を上がっていくとゴルゴタ(カルヴァリー)の丘があります。キリストが十字架に磔にされたゴルゴタの丘に見立て名づけられているため小さな石塚に十字架が立っています。 ここからバルセロナの街が360°とは言わ…

バルセロナ一人旅 Vol.7 ~グエル公園で朝食を 本編

グエル公園に「いつ行くか」ということで少し悩みました。 というのもガイドブックや行かれた方のブログなどを読むと、人が多すぎて公園のシンボル的な存在のドラゴン(公式ページの英語版ではドラゴンになっていますが、どう見てもトカゲ)と写真を撮るのが…

バルセロナ一人旅 Vol.6 ~グエル公園で朝食を アクセス編

グエル公園は街の中心部からは少し離れていて、しかもかなりの高台にあります。 ガイドブックは「地下鉄LESSEPS駅」を最寄り駅として案内しているものが多いですが、いやいや遠いでしょ。 距離的には1kmちょっとという感じですが、坂が半端ではありません。…

バルセロナ一人旅 Vol.5 ~グエル公園で朝食を 予約編

バルセロナのもう一つの大人気観光スポット、グエル公園。まずは予約(事前チケット購入)と行き方をご紹介します。 そもそもグエル公園ができた経緯、ガイドブックを見るまでまったく知らなかったのですが、まさかの失敗した宅地造成跡地。全然売れなかった…

バルセロナ一人旅 Vol.4 ~何はともあれサグラダ・ファミリア ★ナイト編

サグラダ・ファミリア内部の見学は18時(夏は19時)までしかできませんが、夜のライトアップを見逃してはいけません。昼とはまた全然違う雰囲気で、見に行く価値大です。 私が夜に見に行った理由はもう一つ。 「逆さサグラダ・ファミリアを写真に撮りたい!…