たまこさんのコンパス

右?左? 迷える誰か(?)の役に立つ情報発信していきます

バルセロナ一人旅 Vol.2 ~何はともあれサグラダ・ファミリア! 予約編

バルセロナに初めて観光目的で行く人でサグラダ・ファミリア大聖堂に行かない人はいるのでしょうか。それぐらい鉄板の観光スポット、サグラダ・ファミリア

 

私の場合もまず初日(バルセロナ到着が夕方だったので、翌日という意味ですが)の朝一番に予定を組み込みました。

 

サグラダ・ファミリアに行くなら、必ず事前予約しましょう!チケットは当日買うこともできますが、私が朝一番に行ったときもすでにチケット売場には長い列ができていました。いきなり時間と体力をロスすることを考えると事前予約が安心かつスマート。間違いなしです!

 

予約はサグラダ・ファミリア大聖堂の公式ページからとても簡単にできます。カタルーニャ語スペイン語と英語がありますが、日本人にはやはり英語サイトが一番いいかと思います。

The Sagrada Familia

 

英語が全然ダメという方もチャレンジしてみてください。アイコンなどで、ほぼ直感的に何を聞かれているかわかるような見やすいサイトで、日本でオンラインを使って何かを申し込んだことがある方ならノリで最後までいけると思います。 

 

トップページからOrganise your visit→Ticketsを選ぶと次の画面が出てきます。私は塔に上がるのが当たり前と思い、一番上のTOP VIEWS(大聖堂への入場チケット、塔のチケット、オーディオガイドがセットになった29€のチケット)を選びました。 

 

f:id:tzaleski:20161205090407p:plain

それぞれのチケットの値段の下の「COMPRA」というところを押すと次のページに進み、カレンダーから行きたい日を選び、人数を入れ、入場の時間を指定します。この「COMPRA」、スペイン語で「買う」という意味。なんで一番肝心なところがスペイン語なのかはなぞですね。

 

次にどちらの塔に上るか選択し、同じく時間を選択します。

受難のファサード:Tower on the Passion Facade

生誕のファサード:Tower on the Nativity Facade

 

あとはクレジットカード決済に進み、決済が終わるとチケットのPDFが添付されたメールが送られてきます。決済、少しだけ時間がかかります。また、審査が甘いクレジットカードだと認証がうまくされないと書いている方がおられましたので、持っている中で一番審査がしっかりしているカードで決済しましょう。

 

チケットは、私は念のためプリントアウトして持参しましたが、スマートフォンの画面を見せている人が多数派でした。

 

さて塔(ファサード)を選ぶとき、受難のファサードか生誕のファサード、どちらを選ぶかということですが、正直あまりこだわりどころではありません。

 

こちらのすっきりしたほうが受難のファサード

f:id:tzaleski:20161205091216j:plain

 

こちらのごちゃごちゃしたほうが生誕のファサード

 

f:id:tzaleski:20161205100911j:plain

生誕のファサードはガウディが生きているうちに完成したので人気があるようで、私もこちらを選択しました。外見は断然こちらが素敵ですが、塔に上がってしまうと外見はあまり関係なく、見える景色もどちらがいいということはないように思います。

 

ただ一点、受難のファサードはエレベーターで降りることができるそうで、らせん階段をグルグル回って降りたくない方は受難のファサードを選びましょう。らせん階段、思っているより長く目が回ります。

f:id:tzaleski:20161205092419j:plain

 

ちなみにここまできてなんですが、実際に行った感想としては29€のセット券ではなく、入場チケット15€だけで十分な気がしました。つまり塔とオーディオガイドは不要かなと。

 

サグラダ・ファミリアの一番の見どころは塔から見える景色ではなく、やはり大聖堂(バシリカ)の内部と外部だと思いますので、時間が限られている方は、バシリカ内部と外部、そして地価の博物館をじっくり見ることをお勧めします。その辺りはまた本編で力説したいと思います(笑)。