読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまこさんのコンパス

右?左? 迷える誰か(?)の役に立つ情報発信していきます

一生に一度は行きたい屋久島の旅 ~プランニング編

トラベル 屋久島 結婚記念日

新年、今年はどこに行こうかと考えを巡らせるのも楽しいもの。

まだ行ったことがないならぜひ旅先候補リストに入れて欲しいのが屋久島。一生に一度は行きたい特別な場所の一つだと思います。

f:id:tzaleski:20170117210041j:plain

特に

*毎日の生活にちょっと疲れちゃっている人

*少し冒険がしたいと思っている人

*結婚5年目のカップル(理由は最後にお伝えしますね)

にはおすすめです。

 

そして屋久島に行くなら縄文杉トレッキングにチャレンジしたいところ。縄文杉トレッキングはほぼ丸1日(往復10時間程度)かかるため、できれば2泊3日ではなく、3泊4日がおすすめです。それでも短いぐらいかと思いますので、3泊4日で屋久島を100%満喫するためにはプランニングが大切。屋久島は与那国島ほどではありませんが、離島なので、公共交通機関も限られているし、お店も何でも買えるという訳ではありません。長く滞在できる人以外は、できるだけ念密なプランニング+手配をしておきましょう。

 

いつ行くか 

まず屋久島に行く時期ですが、できればゴールデンウィークや夏休みシーズンを避けたいところ。縄文杉トレッキングから戻ってきて駐車場までのバスを待つ間、地元のおじさんたちと話していたのですが、夏は人が多すぎて自然を満喫する感じではないそうです。また冬は時に「雪山」装備が必要となりますので、普段全く山歩きをしない人は避けるべきでしょう。そう考えると春または秋が良いかなと思います。

私は3月中旬の週末に行きました。スタート地点にはそれなりに人はいましたが、道中はほとんど人に会わず、縄文杉も独占でした。山の上の方にはまだ雪が残っていて、結構滑りましたが、雪の白と木々の緑のコントラストがとても美しく、いい季節に来たと思いました。

 

何で行くか

次に屋久島まで飛行機で行くか、フェリーで行くかということですが、関東や関西から3泊4日の日程で行くなら迷わず飛行機を選びましょう。ここで交通費を削るために時間と体力を無駄にするのはおすすめしません。もちろん学生さんなど、時間と体力はあるけどお金は節約したいという方はフェリーもありだと思いますが。

屋久島の空港はかなり小ぢんまりしています。

f:id:tzaleski:20170117210020j:plain

f:id:tzaleski:20170117210028j:plain 

 

また島内の移動は車の免許があるならレンタカーが絶対に便利です。車の量も少なく、比較的ゆっくり走っている人が多いように思いましたので、普段車を運転していない人でもそんなに難しくはないと思います。

 

何をするか

3泊4日のおすすめスケジュールは次の通り。

1日目 お昼までに屋久島到着 ヤクスギランド&滝めぐり

2日目 縄文杉トレッキング

3日目 白谷雲水峡トレッキング

4日目 屋久島出発

 

屋久島は島の地形からとにかく雨が多いと言われています。仮に上記のようなスケジュールを組んでおき、天気予報により2日目と3日目の予定、1日目と3日目の予定を臨機応変に入れ替えることをおすすめします。

 

というのも、やはり縄文杉トレッキングが一番難易度が高いのでベストの日に行きたいところ。また白谷雲水峡は雨の日はやや危ないので、こちらも雨の日は避けたいところです。ちなみに個人的にはこの白谷雲水峡が一番「屋久島」感があり、むしろ縄文杉トレッキングよりも行っていただきたい場所だったりします。ヤクスギランドは、道がかなり整備されていて、多少の雨でも、短い時間でも楽しめるので、一番お天気が悪そうな日、あるいは屋久島を出発する時間によっては最終日でも良いかと思います。

 

トレッキングガイドは必要か

私が一番迷ったのはガイドさん付きの縄文杉トレッキングツアーに申し込むかどうかでした。というのも屋久島に行く前年に富士山にガイドさん付きのツアーで登ったのですが、その時、初めて富士山に登るなら絶対にガイドさんと一緒がいいと思ったことがあるからです。縄文杉トレッキングは登山ではありませんが、往復10時間の道のりを果たして素人だけで安全に全うできるのか。

 

結論としては、次の方はガイドさんなしで問題ないと思います。

*普段から結構歩いていて、健康状態に問題はない

*トレッキングシューズやバックパック、ヘッドライト等最低限の装備を持っている

*一人ではなく複数人で歩く予定

縄文杉メインのため、その他の屋久杉や植物の細かな説明はなくても良い

 

私たちも上記に当てはまり、自分たちのペースで歩きたかった(ここが富士登山とは大きく違うところだと思います)ため、ガイドさんはお願いしませんでした。

 

どこに泊まるか

屋久島にはリゾートホテルから民宿まで多くの宿泊施設があり、予算に合わせて選ぶことができます。民宿も大好きですが、今回は記念日旅行ということで、最初の2泊はJRホテル屋久島、最後の1泊はSankara Hotel & Spa屋久島に泊まりました。

最初の2泊をJRホテル屋久島にしたのは温泉があるから。縄文杉トレッキングの後は絶対に温泉に入りたいと思ったからです。

JRホテル屋久島[一休.com]

 

そして結婚5周年の記念旅行だったので最後は贅沢してSankaraリゾートに1泊しました。

sankara hotel&spa 屋久島[一休.com]

 

JRホテル屋久島は私たちが行く少し前に改装工事をしたばかりでお部屋も綺麗で何よりも温泉が最高でした。まるでベビーオイルのようなお湯で、このお風呂に入るためだけでもこのホテルに泊まる価値があるかと思います。

 

お部屋はオーシャンビューで夜にはムーン・リバーも見れました。

f:id:tzaleski:20170117211732p:plain

 

f:id:tzaleski:20170117210053j:plain

 

食事も美味しく、三岳をはじめとする島の焼酎がとっても合います。私は普段は焼酎は飲みませんが、三岳はとても美味しいと思いました。

f:id:tzaleski:20170117210036j:plain

 

そしてSankara Hotel & Spa屋久島はとにかく贅沢な気分にさせてくれるリゾートです。一部屋一部屋に専属のバトラーがついて、色々と世話を焼いてくれます。お部屋もデイベッドまであり、外出するのが逆にもったいなくなります。

f:id:tzaleski:20170117210058j:plain

f:id:tzaleski:20170117210057j:plain

ティーセットも豪華。

f:id:tzaleski:20170117210059j:plain

 

お料理も島の食材を存分に生かしたフレンチでとても美味しいです。

f:id:tzaleski:20170118155229j:plain

f:id:tzaleski:20170118155230j:plain

食事の最後にはご好意でプレートを出していただきました。

f:id:tzaleski:20170117210044j:plain

これとは別にデザートも。

f:id:tzaleski:20170118155231j:plain

 

どちらも屋久島の旅をさらに特別にしてくれるおすすめのホテルです。

 

さて、なぜ結婚5年目のカップルに屋久島旅行をおすすめするのかということですが、それは

結婚5周年記念日はWood(木)記念日

だからです。

 

夫婦二人でゆっくりと森の中を歩きながら自然を満喫し、贅沢なリゾートホテルで記念日を祝える屋久島、最高だと思いませんか。絶対おすすめです!

 

縄文杉トレッキングの詳細は次のブログでご紹介しますね。